高額買取してもらうために

へこみのある中古車を高額買取してもらうには


現代の自動車社会化が進んだ日本において、中古車という商品は非常に人気のある商品となっています。自動車を欲しいと考える人は非常に多いものですが、実際に新車をすぐに購入できるという人はさほど多くなく、ほとんどの人はまず中古車市場に手ごろなものがないかということをチェックします。

また自動車オーナーの中には「乗れれば良い」というような考え方で自動車を選ぶ人もいますので、そうした人の場合は中古車市場を最もチェックする顧客ということになるでしょう。

そうした状況もあって、中古車買取というものは日本の全国で一般的に行われる事業となっています。ですが自動車を中古車として買い取ってもらう場合にはそれぞれの自動車の性能などが反映された価格での買い取りとなりますから、もし外装にへこみなどが生じている場合は、中古車としての価値がダウンしてしまうでしょう。ではそうしたへこみのある自動車を売却する際、より高額で買い取ってもらうにはどのようにすればよいのでしょうか。

これには大きく分けて二つの方法があります。
一つが「査定の前に修理をする」ということです。現代の中古車買取において、自動車の骨格部分を修復した「修復歴」がある自動車を除き、修理をした自動車だからといって価値が下がるということはほとんどありません。
そのためもし安価に修理できるようなものであるのであれば、査定前に修理をしておくことで査定額をアップさせることが可能になります。またごく小さなへこみの場合は塗装やコンパウンドでの研磨などで隠せる場合もありますので、ごくわずかな傷であれば、ホームセンターで販売されているような道具で修理をすることが可能です。

もう一つの選択肢となるのが「修理をしないまま査定を依頼する」ということです。
これは一見すると査定額が下がってしまうだけの損になる選択肢のようにも見えますが、最近の自動車買取会社の多くは修理工場を自社で保有していたり、修理工場と提携することによって安くメンテナンスをできるような環境が整っています個人で修理を依頼したのであれば5万円かかるようなものが、2万円ですむというような場合も多いのです。もし2万円で修理ができる程度のへこみなのであれば、買取額のダウンも2万円程度ということになるでしょう。

ここでもしも5万円を支払って修理していたのであれば、最終的には3万円余計に支払って損をしているということになります。

こうしたことを判断するには実際に査定を受けて、へこみによって生じている価値の減少がどれくらいなのかということをチェックしてから修理に出すといったようなことで対応ができます。

現在の自動車買取において、「買取できない」というような自動車はほとんどありませんので、手放すその瞬間までなるべく損をしないようにしっかりと注意をしましょう。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2017 中古車を破格で買うための知識を備える All Rights Reserved.